暮らしやすい環境ではあるが、子育て世代の住宅がなく引っ越し

過去に住んでいたアパートです。2DKで木造の二階建てでした。六畳の部屋が二つに、
ダイニングキッチンが八畳ほどでした。
家探しをしていた時、学税時代の友人が住んでいた駅が都内へのアクセスがとてもいいと
知っていたので、実際に家探しをすると気はその駅に住みたいと考えました。
その家は二駅利用可で私鉄JRどちらの駅にも徒歩10分以内に
つくちかさでした。また、アパートの周辺は区役所や病院が徒歩10分圏内にあり、大手スーパーも、
下町らしい商店街もあり、用途に合わせて買い物ができました。
アパートの一階部分でしたが、前にはブロック塀と大きなお屋敷があり、住んでみてから
南向きでしたが冬場は日差しがさえぎられて洗濯物の乾きがわるかったです。
家の二階の音はやはり気になり、木造だったこともあり、一戸建ての住宅のように
二階の住人の歩く音、風呂の音、宴会の音などありありと聞こえて寝不足になることもありました。
また、ふすまでさえぎられた六畳が二部屋のため、家族が起きているときには
テレビの音など気になって眠れなかったり、明かりが気になったりととても子育てには向きませんでした。
アパートということもあり、もちろんオートロックはありませんし、一階なので
洗濯ものを取られたこともあり、次回はやはりマンション住まいにしたいと思いました。
地域は町内会も活気があり、ゴミ捨て場もいつもだいたいきれいになっていましたし、
50年前から住んでいる住人の多い路地だったこともあり、お互い顔見知りとなれば挨拶をしあったり
声をかけあったりしていて下町らしい雰囲気が残っていたことは知り合いがいない土地で
暮らし始めたころとても励みと喜びとなりました。
近隣には児童館もあり、保育園も近かったです。利便性がよいわりにその地域には
結局その地域はとても暮らしやすいものの、子育て世代が住める住宅が少なく、引っ越そうにもその地域で新しい住宅を見つけることは
困難だったのでずるずると5年以上住み、その後隣町に引っ越しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です