近隣の住環境を調べてからの入居にしないと思った以上に後悔

以前埼玉に住んでいたのですが、歳を重ねるうちに人との関わりがつらくなってしまい、

旅行先として1年に4回ほど行っていた伊豆に思い切って引越しをしました。

気持ちの拠りどころとして犬を2頭飼っていたので、
犬多頭買いOKの賃貸を探していたところ見つかったアパートに現在も住んでいます。

家賃は2LDK58㎡と別荘地なので下水道処理の負担があり、合わせて65625円です。

庭が40㎡ついていますが、伊豆の土地がら石が多く家庭菜園をするには土をいれかえないといけないので

10㎡くらいしか畑として有効活用できていません。

また、大きな木が敷地内にあるのですが、自然公園にも指定されている為、

木を切ったり植えたりしてはいけない決まりになっています。

さらに景観を維持するためにブロックのような塀は使用禁止なので、
木の柵とネットを使って犬が自由に走れるようにしています。

住む前に家に期待していたことは、
周りが自然ばかりなので飼っている犬を少しでも従来の生活、
少し野生的な生活に接してあげたいと思い囲いを作りました。

蚊だけではなく、ムカデやゴキブリなど虫の宝庫なのでかなり神経を使って防虫対策が必要なのと、
気候に合わせて庭に出すようにしています。

また、静かなところなので、車の騒音や町のざわつきや喧噪から離れられることに期待しました。

住んでみて気づいたことは、自然が多く静かな場所ですが隣の方がうるさかったことです。

内装リフォームはしていますが築年数は40年の木造住宅の賃貸なので、

子供をわめきちらして怒る声や怒られて泣き出す声、
機嫌が悪いとふすまや戸を思いっきりしめるので地震がおきたかと思うくらいびっくりします。

合わせてやはり犬を飼っていらっしゃるのですが、庭に吠える犬を放置しているので、私たちが庭に犬を出すことは早朝のみになりました。
今回は他県からの引越しで家の内見が1回のみでしたが、次回の家選びは朝昼夜と足を運んで面倒でも近隣の住環境をよく調べると決めています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です